TOPスポンサー広告バケーションと家


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP[オランダ] 文化・国民性バケーションと家


バケーションと家
オランダに来て、すごーーーく感じるのが

「オランダ人って、バケーションにパッションかけてるよな」

って言うことです。

オランダ人のお家は、もうため息が出るほどきれいでステキです。

お掃除具合も半端ではなくて、毎日窓ガラス(しかも外から)を掃除してる家庭もいっぱいあります。もうとにかくぴっかぴか。

「はぁーーー、こりゃインテリア雑誌ですかぁーー??」
ってな具合です。

オランダ語の授業で使っているテキストにも、家のことをテーマにした課が多いです。

また、日本のように、「なるべく買った時のままの状態が一番いい」っていう考え方はないです。
お家を買ったり、借りたりしたら、思いっきり内装を変えたりするし。

しかも自分でやる人もとても多い。フローリングを変えたり、壁のペンキ塗りは当たり前で、キッチンの工事や、お風呂の工事、中には自分でお家を建てる人も珍しくないそうです。そして、すばらしく改築すればするほど、お家自体の価値が上がっていきます。

みんな自慢の家の話をしだしたら止まりませんね。
結構自慢合戦になったりします。
ここはこう変えてみたとか、次はこんな風なインテリアにするんだとか。家族構成に合わせて、引越しもよくしますね。
日本みたいに、家は一生のお買い物だなんて発想はないです。
理由の一つとして、こっちでは、こういう風にして、家の価値を上げていけるからというのがあると思います。
日本のお家は古くなるほど価値が低くなりますからねーー。

あとは、バケーション。
オランダでは、3週間以上のバケーションを取るのは、当たり前です。
日本の正月休みくらい当たり前です。
バケーション手当てといって、毎年6~7月くらいにバケーション用のボーナスみたいなのも出ます。(毎月少しずつもらっている人もいます)
だいたいこの手当ては、給料の1ヶ月分ってところでしょうか。

人気の場所は、トルコ、ギリシャ、スペインなど暖かいところが多いみたいですね。

日本でも海外旅行に行くのは当たり前になってきましたが、こっちではもっと当たり前な感じがします。
「今年のバケーションはどこに行くの???」みたいな感じです。

それくらい、バケーションは当たり前なんですねぇ。

私が思うに、日本は、バケーションみたいなシステムがないですが、その分、普段楽しむ物がとても多い気がします。
例えば、カラオケ、ゲームセンター、居酒屋、ファミレスなど。
すべてが、便利だし、都会にあるようなものは、田舎にも結構あったりしますよね。

オランダは、そういう普段気軽に楽しめるようなエンターテインメントは日本に比べるとはるかに少ないです。外で食べるのも高いので、外食はあまりせず、食生活も質素です。
でもその分みんな長期でバケーションが取れる、普段の生活も、労働条件がきびしくない分ゆったりペースで楽しむことができます。
オランダの生活は、家族とゆったり過ごして、バケーションで思いっきり楽しむって感じですかね。

結局は、そういう意味で、各国いろいろ事情は変わっても楽しさのバランスは一緒なんだろうなーーー、と思う今日この頃です。


ホテルと航空券だけで自由な海外旅行へ!しかも格安&サポート付き!


エアナビ.com



スポンサーサイト

カテゴリ:[オランダ] 文化・国民性
テーマ:オランダなヒビ - ジャンル:海外情報
Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。