TOPスポンサー広告Toets in Maart


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP[オランダ] 蘭語学校Toets in Maart


Toets in Maart
今週はテストがありました。

私たちのように、オランダ人がパートナーの場合、オランダ語学校に行かなくてはいけないんですが、最終的な目標は「NT2」というオランダ語の国家資格を取ることなんです。
この資格を取るのは義務ではないんですが、オランダのパスポートが欲しい人はこの資格を取る必要があります。
ミス小柄は日本人のままがいいので、オランダパスポートはいりませんが、この国家資格は欲しいので、頑張って勉強してますよ。

それで、11月から始まった学校がそろそろ半年という区切りのいい期間になるので、というわけかわかりませんが、3月25日(月)、26日(火)でテストがありました。
オランダ語でテストはToets(トゥッツ)です。
「読む、書く、聞く、話す」の4分野のテスト、国家試験NT2の模擬試験って感じです。実際の国家試験でもこの4分野を受けなくてはならないんです。

初日は「聞く」と「話す」のテストでした。
どちらもコンピューター相手にテストをします。
さすが、言語教育が盛んなオランダだけあって、なんかテストの内容もしっかりしてるって感じです。
「聞く」のテストは、コンピューターで何かを聞いたあとに、手元の紙にどんな内容だったかを答えるって感じです4択です。
「話す」はコンピューターに向かって話して、それをコンピューターが録音します。きっとあとで先生がそれを聞いて採点するんでしょう。
正直、あせりました。っていうかパニック。こんなテスト慣れてないもんーーーーー。
「ピーーーーーーー!!」ってとかっていうんだよ。
あせります、これ。
しかし、日本だとスピーキングのテストってないよね。全然。日本でもやればいいのに。
やっぱりスピーキングってどの国の人たちでも難しいみたいで、みんなテストの後は落ち込んでました(笑)

2日目は書くと読むです。
はっきりいって、「読む」は超難しかった。
内容が新聞とか、そんな感じで、TOEICのテストを思い出しました。「書く」はそれほどでもなかったけど、スペルミスに要注意ですね。

今日テストの結果がでまして、私の結果は結構よかったです(^0^)
「読む」Goed
「書く」Goed
「話す」Voldoende
「聞く」Goed
でした。
ちなみにGoedが一番良くて、その次がVoldoendeです。

だって毎日頑張って勉強してるモンねーーーー。

この調子でガンバロ。

できると勉強って楽しいモンです。
できないといやだけど。

e-留学ガイド


「1ヶ月でCNNのニュースが聞き取れた」⇒効果がなければ全額返金の英語教材
スポンサーサイト

カテゴリ:[オランダ] 蘭語学校
テーマ:オランダなヒビ - ジャンル:海外情報
Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。