TOPスポンサー広告ビザについて


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP[オランダ] 生活ビザについて


ビザについて
まだ正式な滞在許可は降りていません。実際にオランダに入国して約1ヶ月後にビザの申請をしました。

IND(オランダの移民局)のホームページによると、3~6ヶ月でビザが降りることになっているのですが、実際はかなりまちまちです。

私のジャパ友(なんじゃそれ笑)の女の子たちは、大体4ヶ月~1年で取得していて、個人でもかなり差があります。

そうそう、なんでビザを取得しないといけないかというと、日本や、アメリカ、カナダ、オーストラリア、EU諸国などのいわゆる先進国のほとんどの国は事前にビザの申請をしなくても、観光であれば一定期間ビザなしで旅行ができます。(大体3ヶ月が多いですね)
これは一般に観光ビザと呼ばれていて、日本人は旅行するときにあまり意識しませんよね。
日本は特に優遇されているから。アメリカやヨーロッパなどビザ申請なしで、簡単に旅行ができるのはこのためです。

例えば、日本人がカナダにワーホリビザや学生ビザで滞在している場合、基本的にビザ申請なしで、アメリカに入国できますが、韓国人や中国人の人はビザを申請しないといけないことになっています。(これは2003年のデータなので今は変わっているかもしれません。)

ちなみに、今オランダでは移民政策がすごく厳しくなってます。
東ヨーロッパやアフリカ、東南アジア、中近東などの国からオランダに移民したい場合は、私たちとはまた違う手続きを踏まないといけません。
MVVと呼ばれるビザを取得する必要があります。
このビザは、オランダに入国するために必要なビザらしいです。
あと、そういう国から来た人たちは、オランダに来る前にオランダ語を勉強しないといけなくて、最終的にテストに合格しないとオランダにこれないんですって!
厳しいですよね。
いくらオランダ住むからって、なかなか教材なども簡単に揃わない、オランダ語を勉強するって言うのは結構厳しい気がします。。。
でも彼らはオランダに来たときにはすでにある程度オランダ語がわかるわけで、オランダ語学校で私たち(日本人や、その他すぐ入国できる人たち)は差をつけられるわけですね(笑)

ま、こんな感じです。

だから、日本人など先進国の人たちがオランダに来るときは、無条件に3ヶ月「観光ビザ」が与えられるのですが、それ以上オランダに滞在したい場合は、「滞在許可申請書」を取得する必要があるのです。
ちなみに、このビザは永住権ではありません。

私の場合は
「パートナービザ」を申請しました。
これは結婚ビザとは異なります。
オランダでは、恋人同士でも結婚しているのと同じような権利があるためこのように結婚していなくてもビザの申請ができます。
ちなみに日本の場合は、このようなビザはありません。
恋人を日本に呼び寄せたい場合は、結婚する必要があります。

ちなみにオランダは同性同士でも結婚できます。

私たちのビザの話に戻ります。
許可証(ビザ)申請してから、1ヶ月半後くらいに、INDから手紙が来ました。

その手紙の内容は
「申請却下!!!」

げーーーーー!!!!

ま、ま、まじっすかーーー??

日本人って比較的簡単にビザが取れると聞いていたのに、まさか却下とは!
ビビリマシタ。
もう日本帰らないといけないかと思いました。。。。

結局INDに聞いたところ、書類の不備が原因で、もう一度書類を出しなおしてくださいとのこと。

まあとりあえずは安心しました。

そしてまた書類を出しなおした後、INDからまた手紙がきました。

「10週間以内に決定を下す」

ほうほう。

じゃ、10週間待とうじゃないの。

9月30日はちょうど10週間の日でした。
なのでその手前(29日あたり)に、相方がINDに電話しました。

そしたら
「あ、まだなんにもしてないョ」

えええええええええーーーーーーーー!!

まじまじっすか???(泣)

結局電話の3日後、
「あと6ヶ月以内に答えを出します。」
という手紙がまたINDから来た。。。。

ビザがないと、仕事もできないし、銀行の開設もできないし、何もできないのよ。。。

このまま待ち続けて、「やっぱ却下!!!」とか言われたらもう立ち直れないっすよ。。。とほほ。

気長に待つのみだ。

こんな私を励ましてください。。
スポンサーサイト

カテゴリ:[オランダ] 生活
テーマ:オランダなヒビ - ジャンル:海外情報
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。