TOPスポンサー広告オランダで家を買う


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP[オランダ] 生活オランダで家を買う


オランダで家を買う
そうそう、それで、オランダで家を買うのはもちろん初めてだったんだけど、(まあ彼が支払うわけだけど)
オランダで家を買うと日本とはちょっと訳が違うので、大まかに説明してみたいと思います。

まず家を買うときの、順序としては、こんな感じかな。

①気に入った物件インターネットで探す。あるいは、TE KOOP(売り出し物件)の看板がかかった家を実際に見てみて、それをインターネットで探して、内装や価格、間取りなどをチェックする。
私たちが使ったサイトはこちら


http://www.makelaarsland.nl/

ちなみに貸し出し物件はTE HUURという看板が出てます。

②サイトで見た物件が気に入れば、実際に家に行って見てみる。
日本のように必ずしも不動産業者が間に入るわけではないので、コンタクトは今住んでいて、売りたい住人と直接連絡することもあります。

③売り手と買い手が双方で話がまとまれば、家を購入ということになります。まあその後の銀行の借り入れの問題があるので、この時点では仮決定ですね。
私たちの場合、私たち以外にも、他にも購入候補者がいたんだけど、売り手の人が、私たちを気に入ってくれて、それで見に行ったその日に即決という感じでした。

④次に、銀行に行って、お金を貸し出してくれるか相談に行きます。銀行に行く前には、事前に予約します。
この銀行がお金を貸し出してくれるのをHypotheek(ヒポテーク)と言います。日本で言う住宅ローンですね。
このHypotheekが結構審査が厳しくて、銀行がOKを出してくれないことには家は買えません。
Hypotheekは銀行だけでなく、専門業者もあるようです。

オランダでは結構家は高いです。
基本的には共働きでないと家は買えません。
私たちの場合、今私がまだ仕事ができないので、実際Hypotheekは難しいんじゃないかと半ばあきらめていましたが、次のような理由でなんとかギリギリ貸し出してもらえることになりました。

☆中心地周辺の物件で今後値上がりが期待できる。
☆今Hypotheekの金利が安い。来年2007年からは値上がりするそうです。
☆彼が使っている銀行はわりと金利が低めに設定されている。
☆彼が昇給した。
ほんとギリギリでした。

Hypotheekチェックはこのサイトでできます。(オランダ語だけど)


http://www.huislijn.nl/cgi/huislijn.cgi?B&info=P

またHypotheekは日本の住宅ローンのようなもので、5年~30年などのローンがあります。
もちろん30年ローンまで組めば、毎月の支払いは安くて済みます。

⑤Hypotheekの審査がOKとなると、今度はTaxatieというのがあります。
税務署の方が実際に家を見て、その家の価値を査定し、その後課税を行うわけです。
この課税は大体100~800ユーロの間くらいらしいです。

⑥その後、コントラクトにサインをし、家の引渡しとなります。
ただし、不動産業者は基本的に通さないので、ほぼ現状渡しのような形になります。なので、家を引き継いだ後は、ペンキ塗りをしたり、掃除をしたりして、最終的に住めるような段階になります。

まあ、大まかにこんな感じです。

でも、日本と決定的に違うのは、家を売るときだと思います。
家を売っても不動産業者を通さないので、ほぼ売った金額が手に入ります。なので、日本のように、家を売ってもまだローンを支払い続けるような事がないのです。
また、家を購入するのは投資のひとつなので、よっぽどのことがない限り、買ったときより売るときは値段が上がっていることがほとんどです。銀行もHypotheekの審査をするときに、この辺のことをよく調べるようです。
オランダでは、家を借りるより、買うほうが安いと言われます。
家を引き払うときに、購入すると後で売れるので、みんな借りるよりも買ったほうがいいということになります。
Hypotheekさえクリアできれば誰でも家が購入できるってことになるのかな。
まあ、もちろん、現金で買える人は誰でもOKだろうけど(笑)





スポンサーサイト

カテゴリ:[オランダ] 生活
テーマ:オランダなヒビ - ジャンル:海外情報
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。