TOPスポンサー広告オランダ情報Q&Aその2


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP[オランダ] オランダ情報Q&Aオランダ情報Q&Aその2


オランダ情報Q&Aその2
Q1.オランダというと、やはりお花がとても有名で、DFAディプロマという国際資格があるのは知っているのですが私は現在アロマセラピーについて日本で勉強中なので、もしオランダのアロマセラピー学校や資格などがあるなら教えていただきたいと思いました。

日記で、アロマオイルが安く手に入るというようなくだりがあったと思うのですが、オランダでのア
ロマの知名度というのはどの程度でしょうか?身近にあるかんじでしょうか?それとも全く関心され
ていないようでしょうか?

A1.以前の記事のせいか、アロマテラピーについての質問も最近時々受けるようになって来ました。ただ残念なことに、私はアロマテラピーについては何も知りません。
ただ、アロマテラピーの認知度については数人のオランダ人女性に聞いてみました。
正直いいますと、オランダではアロマテラピーの認知度は、日本に比べると結局は同じくらい、あるいはかえって低いのではないかと思います。というのも、日本ではアロマテラピーは
「おしゃれなもの、美容に効果があるもの、素敵な趣味になりうるもの」という認識の下、真剣に勉強されている方から、単にちょっと興味がある方までいろいろだと思うからです。
そういう観点から考えますと、オランダでアロマテラピーを実生活で活用されている方というのは、流行で飛びつくというよりも、真剣に勉強されている方が多いような気がします。
実際私自身も、日本でアロマテラピーの講師をしている友人がおり、オランダのアロマ事情について質問を受けることがありました。その際に、ひとまず本屋で資料を探そうと思ったのですが、アロマテラピーに関する本が極端に少なかったことを覚えています。結構大手書店でも2、3冊くらいしかありませんでした。ただ、健康思考店(ヨガ、禅、ヒーリング、ベジタリアン系)のお店にはアロマのコーナーはありましたけど。
日本だと、専門書こそ少ないかもしれませんが、女性の興味を引きそうなタイトルでもって、おしゃれな表紙を飾るアロマ関連書籍はそれこそたくさんあるかもしれません。

ただ、決して関心が薄いわけではなくて、医療で真剣に利用している人もいると聞きます。
保険適用外かどうかは病気や治療内容の程度にもよるようで、日本で言う「針灸治療」のような位置づけなのではないかと個人的には感じていますし、オランダ女性もそのように言ってました。

どちらにせよ、オランダのアロマの定義と日本での扱われ方ではずいぶん差があるような気がしています。

学校や資格についてはよくわかりませんが、「Aromatherapy Holland」「Aromatherapy Amsterdam」「Aromatherapy school holland」など英語で検索したらいいのではないでしょうか?オランダ語のHPしかないような学校ですと、英語で授業など受けられない可能性もありますし。

余計なお世話かもしれませんが、日本で言う「お習い事」の感覚で学校に行くと結構大変かもしれませんね。それほどアロマが(日本レベルで言う)メジャーでない国で、しかも母国語ではないであろう、英語で授業をうけるわけですから。

でも、その分、受講者には真剣な方も多いと思います。



Q2.ちょっとお聞きしたいことがあって今回初めてメールさせて頂きました。
私のパートナーがオランダ人で、(まだ入籍はしていません)一緒に暮らすために渡蘭を計画してい
ます。勝手に、片道航空券で問題ないと思っていたら、旅行代理店でビザがないと入国できないと言われました。急遽、在日オランダ大使館に問い合わせをしたところ、INDからは一応往復の航空券を入手してほしいと言われているとのこと。
格安航空券サイトで往復便を見ていると、FIX30日というのが圧倒的に多く、それ以上のものは値段が高かったりして手ごろなものがありません。
彼にINDに確認してもらっているのですが、なかなか返信メールが届かず、私も航空券の購入に戸惑っています。

ミスさんがオランダに入国された時はどのような種類の航空券でしたか?
また、お知り合いに私と同じような状況で入国された方はご存知ですか?


A2.オランダにお越しになるんですね。私がオランダに入国したのは2年前で、オランダ移民局のポリシーは毎日のように変わるといっても過言ではないので、私の経験談は当てにならないかもしれません。
ただ、片道航空券でビザが必要というのはなんか変ですね。日本人は観光目的であれば、特にビザは必要とされるわけではないと思うのですが。
聞くところによると、みなさんは、格安の30日Fixのチケットを買って、復路を破棄する方法をとるか、1年有効チケットを買って、日本への帰省に逆に利用したりしてるようですね。
復路を破棄する方法は、今は結構厳しくなっているようで、(テロ対策など)資金に余裕があれば1年オープンチケットを取るのが一番確実かなーーと思います。

それに、オランダ生活の先輩として、あえてえらそうにアドバイスさせてもらえば、「1年オープンでチケットを買う」というのは保険のような感じがして結構お守り代わりになりそうです。
私はオープンでチケットを買いませんでしたが、彼と喧嘩をするたびに、あるいは日本が恋しくなるたび、そしてなれないオランダ生活に嫌気が差して何度日本に帰ろうと思ったことか(笑)

実際に日本に帰るかどうかは別として、「いざというときの保険」みたいな感じで、オープンチケットを買うのが一番簡単で、最良の方法かなと思いますがどうでしょう?
オープンはもちろん格安チケットと比べて、高いですけど、今後長いことオランダに住むというのは想像以上に大変なこともたくさんあると思います。特に最初の1年は結構つらいかもしれませんので、日本に「帰省できる」オプションを自分のためにとっておいて上げれば、後々「あーー、よかったなーーー」と思われるんではないかと思います。数万円の誤差を差し引いても、この「保険代」は決して高くないとミス小柄は思います。


また日系の超大手旅行代理店に勤めていた私の大好きなオランダのお友達によると

「基本的に海外に出かけるとき片道航空券で滞在許可なしの場合入国が難しい。
亡命者と疑われても仕方がない。そのため片道航空券なら滞在許可を持っているか、その国を出国する証明にもなる復路の航空券を持っておく。「ビザ」と「滞在許可」の意味合いがごっちゃになってるのが難しいところね。確かに日本人ならオランダ入国の際に3ヶ月の観光スタンプを押してもらえる、それが観光ビザと言われるもの。
でも日本では滞在許可もビザと呼ばれてるからね。ミス小柄さんのお勧めする1年オープンチケットだと金額は高いけど帰国の際に使える利点アリ。安く済ませるならば一番安い往復航空券を買って復路は権利放棄。ただ、安い往復航空券は「往復」だから安いのであって復路を権利放棄するために安くしているわけではない。なので航空券購入時に「復路は使いません!」なんて言ってしまうのはタブー。もちろん入国の際もまだ滞在許可がないのなら普通の観光客のふりをしたほうが良い。」

だそうです。是非参考にしてください(~0~)








スポンサーサイト

カテゴリ:[オランダ] オランダ情報Q&A
テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報
Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。