TOPスポンサー広告オランダのトイレ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP[オランダ] 生活オランダのトイレ


オランダのトイレ
すんごいしょうもないかもしれないんですけど、今日ふと思いついたことがありました。

それはトイレに関してです。

今日考えてみて、日本と比べてこれだけ違うことがありました。

1、オランダのトイレは個室に入ったときに、電気をつけたり消したりできる。なので、ドアを開けてみて、真っ暗なのでビビル時がありますが、あわてず、右か左側にスイッチがあるはずです。

2、日本のトイレは、若干個室に隙間があり、北米のトイレは中にいる人のすねが見えるくらい隙間があるのに対して、オランダのトイレにはほとんどといって隙間がない。

3、どこで水を流すのかがトイレによってかなり違いがある。足で押したり、壁についていたり、引いたりいろいろ。

4、もちろん便座が高いので、ミス小柄なんて、足がぶらんぶらんになります。

5、手を拭くタオルや、ペーパーが必ずといってある。最近びっくりしたのが、手をかざすだけで、自然にペーパーが「にゅるにゅる~~~♪」と出てくるやつですね。ひとりで「おっ!!!!」って思いっきり大きな声を出して、目立ってました。

6、ファーストフードや、デパート、駅などの公共トイレは、掃除する人にチップを支払う。20~50ユーロくらいですかね。トイレは無料というのが通常の日本人からしたら、ちょっとびっくりでしょうか。ヨーロッパは比較的この方式が多いですね。
掃除をしてくれる人がいないトイレは汚いので、感謝して使いましょうね。

7、ウォッシュレットはありません。


とまあ、ほかにもこまごまあるんですが、これだけトイレでネタがかけるとは思いませんでした。

ややシモネタで失礼します。






注目情報
最近オンラインで英会話を学ぶ人が増えている
そう。見てみるとなんと1レッスン271円~
値段もさることながら、さらに人気の秘密を発見!
その人気の秘密とは

スポンサーサイト

カテゴリ:[オランダ] 生活
テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報
Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。